Top > 相続税 > 相続税対策でアパート建築ってどう?

相続税対策でアパート建築ってどう?

空き地や現金を所有している場合、その土地にアパートを建築すれば、確実に相続税を減税する対策となります。その主な理由は、
・アパートがあることで貸家建付地となるため、空き地よりも20%程度、土地の評価額を下げることができる
・建築費として使うことで、実際の支払額よりも30%程度、現金として持つより評価額を下げることができる
ことなどです。

 

相続の手続きはこちら

 


一方でデメリットもあります。例えば、建物が経年劣化していくのに従い入居者が減り、見込みどおりに家賃収入が得られないこともあります。特に、ローン返済に充てている場合には問題です。また、修繕費などの思わぬ出費が発生することもあります。残された家族に困りごとを増やさないよう、きちんと伝えておくことが大切です。

相続税

関連エントリー
相続税対策でアパート建築ってどう?
カテゴリー
更新履歴
主婦カード現金化|銀行グループになっている消費者金融会社の場合でも...。(2018年8月27日)
副業という形でアフィリエイトをするようにすれば...。(2018年5月24日)
漫画ブラックジャク(2017年8月23日)
幹事の苦労。。。分かってくれる人、いますか??(2017年7月31日)
ニキビに悩んだ時の肌対策(2017年2月15日)